CBD—魔法の分子 | Project CBD


初出 Significant Times(2017年2月号) 「これで何もかもが変わる」— オークランドにあるスティープ・ヒル・ラボラトリーのオフィスに立ち、無名の大麻品種に耳慣れないカンナビノイドが含まれていることを示すクロマトグラムを目にしたフレッド・ガードナー(Fred Gardner)の第一声だった。2009年のことだ。”Soma A-Plus” と呼ばれる、その興味深くも奇妙な品種は、それまでスティープ・ヒルがカリフォルニア州の医療大麻ディスペンサリーや栽培家のために検査してきた何千というバッズの検体と違って、ハイを引き起こすことで知られる THC(テトラヒドロカンナビノール)の含有量が少なかった。 “Soma A-Plus” を皮切りに、間もなく、興味深い医療効果を備えた化合物、カンナビジオール(CBD)を含有する大麻品種がいくつか発見された。その中の一つ、”Women’s Collective Smelly Purple” は、乾燥重量で 10% を超える CBD を含み、THC はほとんど含まれなかった。これはもはや単に遺伝子異常のあるヘンプではなかった — これは薬草だ。医療効果のあるネバネバした樹脂をこぼれんばかりに含む、高 CBD の品種が見つかったのである。喫煙したり、エディブルとして食べたりしてもハイにはならない。なぜなら CBD には THC のような精神作用がないからだ。それどころか、特定の品種や製品に含有される比率によっては、CBD は THC が引き起こす「ハイ」を、弱める、あるいは相殺することさえできるのである。 昔、ハシシを作るために栽培された大麻草には、THC と CBD がおよそ同量ずつ含まれていた。だが 1970年代後半以降、北カリフォルニアの無法者育種家たちが、よりハイになれる、THC 優位の品種を求める消費者の声に応えようとするにつれて、大麻の遺伝子は変化していった。その結果、アメリカの大麻の主要生産地であるエメラルド・トライアングルからは、CBD の姿はほとんど消えていたのである。 カリフォルニア州で、医療大麻を合法化する州法 Prop 215 が可決されたとき、CBD のことを知っている者は皆無に近かった。誰もその存在を認識していなかったのだ — 大麻成分の分子機構と医療効果について研究している、ごく少数の先駆的な研究者たちを除いて。初期の研究では、CBDに、注目に値するだけの抗炎症作用、抗腫瘍作用、抗精神病作用、そして抗けいれん作用があり、有害な副作用はないということが示されていた。 フレッド・ガードナーはそれまで、大麻の医療利用に関するジャーナル『O’Shaughnessy’s』誌上で CBD の科学について伝えていた。2010年、フレッドと私は Undertaking CBD を創設することとなる — 研究、患者、医師、新しい品種や製品、ビジネスにいたるまで、この CBD […]